コーチ石原

こんにちは、”自分迷子”の方を応援しています。

ライフコーチの石原瑶子(@kanaeruyoko)です。 

自分迷子
ちゃん

コーチングには3原則あると聞いたけど、どんな原則なの?

コーチングには、3つの原則があります。この基本となる3つの原則が網羅されて、コーチングということができます。この記事では、3原則について詳しく解説していきます。

コーチングの3原則

  1. インタラクティブ(双方向)
  2. オンゴーイング(現在進行形)
  3. テーラーメイド(個別対応)

以上がコーチングの3原則となります。

インタラクティブ(双方向)とは?

図01

コーチングとは、コーチとクライアントのパートナーシップです。コーチ、クライアントの双方向でやりとりをしながら、コーチとクライアントでクライアントの持つ答えを共に探します。

この双方向性がコーチングにはあり、3原則のうちの一つです。

一方向の関係性としては、ティーチングが引き合いに出されます。

ティーチングとコーチングの違いを知ることも双方向性について理解できるヒントになりますので、よかったらこちらの記事も合わせてご覧ください。

>>コーチングとティーチングの違いについてはこちらから

オンゴーイング(現在進行形)とは?

03

オンゴーイング(現在進行形)とは、継続性ともいうことができます。

コーチングでは、一度で終わるのでなく、変化のある人生の流れの中で、描いたビジョンやアクションプラン(行動)に修正を加えながら、クライアントが自走するまで継続的に関わっていきます。

オンゴーイングな関係によって、クライアントが成長し、結果的に問題解決や目標達成につながるのです。

テーラーメイド(個別対応)とは?

02

一人ひとりの体型に合わせて洋服を作るテーラーメイドと同じように、コーチングは一人ひとりに合わせて創るもの。

人は多様性のある生き物であり、受け取り方も価値観もコミュニケーションタイプも、強みも全てが違います。人ひとりビジョンもエネルギーの源も違います。

そのため、コーチはクライアント一人ひとりに合わせて、受け取りやすい方法で質問をしたり、フィードバックをしたり、テーラーメイドの対応をします。

コーチングの3原則まとめ

コーチングにおいてこの3原則は、とても重要です。また、この3原則があることがコーチングの特徴であり、コーチングのメリットでもあると言えます。

コーチングについてもっと理解を深めたい方はこちらも合わせてご覧ください。