コーチングにおけるメリットとデメリットまとめ

こんにちは、ライフコーチの叶えるようこ こと 石原瑶子です。今回は、「コーチングにおけるメリット・デメリット」について書いていきたいと思います。

コーチングを受ける一番のメリットは、「人生をよりよく生きることが出来るようになること」つまり、クライアント自身が自分の内側から答えを導き、自分らしい人生を送れるようになるということです。

一方、コーチングを受けるデメリットは、世間の常識や他人で生きる生き方、他責の生き方ができなくなってしまうということ。つまりの人生の責任を100%自分で背負う必要があるということです。これをメリットと捉えるか、デメリットととらえるかはあなた次第。

では、コーチングのメリットとデメリットについてもっと具体的に確認していきましょう。

コーチング(ライフコーチング)を受けるメリット・デメリット

コーチングを受けるメリット

  • よりよい人生を自分で創造することができるようになる
    ➔コーチングでは、「答えはあなたの中にある」という考え方を大切にしています。人生には決められた正解はありません。あなたの心が正解を決めます。コーチングを受けると、あなたの心(あなたらしい人生の指針)を持つことができるので、自分の人生を自分で創造することができるようになります。「変わりたいけど変われない」この口癖を持つ方は多いですが、きっと数ヶ月でこの口癖はなくなるでしょう。
  • どんなときも幸せで在れる
    ➔ライフコーチングではしっかり自分の心、感情、思考と向き合っていきます。ご自身と向き合う中で、自分は何に幸せを感じるのかわかるようになります。そのため、自分の幸せに沿った選択ができるようになり、どんな状況でも幸せであることができるあなたになります。
  • 問題が解決したり、問題が問題でなくなったりする
    ➔自分自身が成長することで、今ある悩みや問題が解決したり問題や悩みでなくなります。

コーチングの自体のメリット

  • コーチングは個別対応(テーラーメイド)
    ➔自己啓発の講座を受けても効果がでなかった。わからなかった。今までそんな経験はありませんか?人は信念・価値観・考え方・行動・物事の受け取り方はさまざまです。なので、同じ関わり方で関わっても上手く行動につながる人もいればまったく行動につながらない人もいるのです。コーチングはあなただけの、信念・価値観・考え方・行動・物事の受け取り方を大切にするので、あなたが真剣であればあるほど大きな変化が望めるというメリットがあります。
  • コーチングは現在進行形(オンゴーイング)
    ➔人生は連続性のあるものです。例えばセッションの時間だけ、変化しても意味がないのです。コーチングはセッションの時間だけでなく、セッションとセッションの間も継続して働きます。コーチはあなたが実際に行動を起こし、決めたアクションプランを実行するまでサポートすることができます。人は、行動を起こし継続しようとするとき、「誰かと約束する」ことや「決めたことを定期的に、思い出させてくれる人がいる」と力を発揮しやすいのです。コーチはオンゴーイングな関わりをすることができます。
  • コーチングは双方向(インタラクティブ)
    ➔自分で創っていくもので、あなたのものです。コーチングでは、一方的にコーチが考えを押し付けたりすることはありません。あなたとの会話で、コーチはあなたを映す鏡のような存在となります。あなたの話すことや態度、声などからコーチはしっかり聞き、受け取ったことをお伝えしたり、質問したりすることであなた自身にあなたの姿を見せていきます。そして、それがあなたの気づきを引き出したり、行動につながっていきます。日常生活で双方向の会話は少ないものなのですよ。(みんな自分のフィルターを思いきり通して聴いている。プロコーチはプロです。もちろんコーチ自身にもフィルターは存在しますが、それを外して聴けるように、あなた自身が言っていることをしっかり聴けるように、トレーニングを積んでいます。)

コーチング(ライフコーチング)を受けるデメリット

コーチングを受けるデメリット

  • 他責の生き方はできなくなる
    →コーチングでは、自分の内側に目を向けていきます。そうすることによって目の前の現実は他ならぬ自分自身が生み出していることに気づくことになります。そのため、人のせいや環境のせいにした他責の生き方はできなくなってしまいます。
  • どんなことがあっても大丈夫という自分への信頼を得てしまう
    →どんな状況下の中でも、安心して自分の感情を感じ、どっしりとした安心感の中で日々を送ることが出来るようになってしまいます。
  • 現実がいつの間にか変わっていってしまう
    →コーチングを通して、自分自身の内側に目を向け始めると、今まで必死に変えようとして変わらなかった現実がいつの間にか変わってしまいます。そして、気付いた時には想像もしていなかった理想の未来が手に入ってしまいます。そのため、今目の前にある現実は変わってしまいます。

コーチングの自体のデメリット

  • 自分の人生の責任を負う覚悟がない人には効果がない(人任せにする、答えを自分で考えない)
    ➔ライフコーチングでは、あなたの人生に関することがテーマです。あなたの人生における答えはコーチの私が出すものではなくあなた自身が出していくもの。また、人生を自分で創造しようとするとき、人生の責任を引き受けなければ人生を創ることも変えることもできません。自分の人生に責任をもたない、人に何とかしてもらおうと思っている。そういう方は一切コーチングの効果を感じることはできません。

    コーチングは自分らしく、よりよく生きたいと願うすべての方に効果がありますし、万能です。しかし、コーチングにも限界があるということです。

  • 小手先のスキルを身につけたい人には向かない
    ➔ただ今ある悩みだけが、さっさと解決すれば人生なんてどうでもいい。よりよい人生なんて期待していない。そういう方にも、コーチングは効果がないでしょう。コーチングは問題を解決するためのスキルでもノウハウでもありません。人生におけるあり方、あなたの生き方です。⇒コーチング(ライフコーチング)の詳細はこちら

コーチ(ライフコーチ)になるメリット、デメリット

これまでは、コーチを受ける側(クライアント)のメリット、デメリットについてみてきましたが、次はコーチになる、コーチするメリットを確認してみましょう。

ライフコーチになるメリット

  • クライアントの変化、成長を目の前で体感することができる

→これはコーチの醍醐味と言えるかもしれません。今の自分を見ていくことで、無意識で行っていた自分自身の考え方、自分の価値観に気づく中で、今までの自分自身を超えてクライアントがチャレンジする姿はとても美しいし、感動します。

このような成長の瞬間を見ることができるコーチの仕事って本当に素晴らしいなと毎回思います。

  • クライアントの人生の一部をご一緒させてもらえる

→クライアントの人生の一部をご一緒させていただくことになります。一人ひとりの人生はとても素晴らしく、美しいものです。その一部を共有し、ご一緒させていただくことは本当に極上の幸せです。

  • 個人的に感じるメリット
    仕事は、全て自己責任になりますが、会社員とは違って、自分の好きなライフスタイルに合わせて働くことができます。また会話で、人生のサポートをしながら、お給料を頂くことができるのも嬉しいですね。気になるライフコーチのお給料や仕事のことをまとめた記事はこちらライフコーチのリアル

ライフコーチになるデメリット

私は、ライフコーチになってデメリットを感じたことは今のところないです。コーチングは無形のものなので、知らない人からすると怪しいとか胡散臭いとかそう言われることはありますが…(笑)

その誤ったイメージも打破できるようなコーチに私がなればいいや~と気楽に考えています^^ですので、ライフコーチになったことがデメリットだと感じたことはありません。

まとめ

コーチングのメリット・デメリットについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか?いずれにせよ、コーチングは体感することに最も価値があると思います。メリットもデメリットも含め、知識だけにとらわれず、まず体験してみること。

これがコーチングについて理解する一番の早道かなと私は思っています。参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”本当の自分”を取り戻したい方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、自分の心の声に従い、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、婚約、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。