コーチ石原

こんにちは、”自分迷子”の方を応援しています。

ライフコーチの石原瑶子(@kanaeruyoko)です。 

今日は「コーチングと年齢」についてお伝えします。

この記事を書こうと思った理由は、

質問者

・コーチングを始めるのに、年齢は関係あるのか?

・40代、50代では遅すぎるのではないか?

というご質問を頂いたからです。

同じような悩みを持つ方のお役に立てれば嬉しいです。

コーチングを受けるのに、年齢は関係があるのか?

私がコーチ契約を結んでいるクライアントに40〜50代の方も多くいらっしゃいます。許可を得て掲載

そのクライアントの中にも、コーチングを受ける前には不安で「40代、50代で受けてもいいですか?」と年齢を気にされていた人はいました。

これは私の意見ですが、コーチングを受けるのに年齢は関係ないと思っています。なぜなら、年齢より、どれだけ自分の成長に本気でフォーカスできるかのほうが重要だと私は考えるからです。

It is never too late to become what you might have been.

なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない ー ジョージ・エリオット

こんな言葉もありますよね。人生はいつも、「今から」「ここから」作っていくことができます。

コーチングを受けるなら、今日がその日

私自身コーチングを受けたり学んだりし始めたのは、26歳の頃でした。一緒に学んだ仲間の中では、一番年下だったと記憶しています。

当時メンターだったコーチからも

メンター

コーチングを早くから始めるのがいいとか、遅くから始めると悪いとかはないと僕も思っている。

でも、ようこちゃんのように、コーチングを自分の人生に取り入れるのが早い人はいいなと思うときもあるよ。

早く出会ったら、残りの時間が長い分できることが多いとも言えるから

とメッセージをもらったことがあります。

私の場合はコーチングがある人生と無い人生、両方を体感してきたのでわかるのですが、コーチングがある人生と無い人生では、雲泥の差でした。

自分や人を大切にすることができるし、いつも自分次第で自分の機嫌を取ることができて、人生の密度や満足感が全く違いました。

私の自分史を読んでもらうとわかりやすいです⬇️

自分史 コーチ石原 コーチ石原の自分史https://www.youtube.com/watch?v=fsuiB5P0928&t=382s動画で話し…
コーチ石原

コーチングを受けたことがある人は、共感してくれるのでは?

つまり、コーチングを受けるのに遅すぎるということはありません。

時に、コーチングに遅い年齢で出会った人は、若いときより人生経験が豊富です。もし、今あなたがコーチングに出会ったのであれば、きっと今がタイミングではないでしょうか。

年齢を気にして、コーチングを受けるか迷っている人へ

命、時間は有限です。あなたがコーチングを人生に取り入れ、自分自身を知り、心から満足のいく人生を手にできるように祈っています^^

もし、私たちの中にいいなと思うコーチがいたら、無料オリエンテーションを試してみてくださいね。