コーチング(ライフコーチング)とは?

こんにちは。”本当の自分”を取り戻したい方専属ライフコーチ 叶えるようこ こと石原瑶子です。

あなたは「コーチング」についてどれくらいご存知ですか?

私は、プロコーチとしてお仕事をしていると言うと、コーチングって何?何かのスポーツを教えているの?と聞かれることもあります。この記事では、コーチングについて書いていきたいと思います。

一般的なコーチングの定義

まず、コーチングの一般的な定義についてです。wikipediaでは、以下のように記載があります。

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の一つ。対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術である。相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。引用元:コーチング wikipedia

この文章を読んでいただくとわかるように、コーチング=コミュニケーション技法とされています。なので、多くのコーチは「会話=コーチング」と捉えている方もいますが、私にとっては会話は、コーチングの一部「コーチングセッション」に過ぎません。

ICFのコーチングの定義

まず、ICFとは国際コーチ連盟のことを指します。ICF はコーチング約90カ国 17,000人以上の会員を持つ世界最大のコーチの団体です。コーチが提供するサービスの質や一貫性を統一するための認定資格制度の開発及び運営を行ない、コーチの能力水準の引き上げを図っている団体です。

ICFでは、コーチに対し、コアコンピテンシーといって能力水準や倫理規定を定めています。

なんだか難しい言葉が並びましたが…平たく言うと、コーチングは無形のものであるため、コーチングの基準を示してくれている団体です。ICFの資格を持つコーチは、最低限ICFの定めるレベルをクリアしていることになります。(わたしももうすぐ、申請します)

そんなコーチングの基準となる団体が示しているコーチングの定義は、以下の通りです。

コーチング : コーチングとは、思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことである
引用元:ICF国際コーチ連盟WEBサイト

読んでいただくとわかる通り、コーチングはコーチとクライアントのパートナー関係を築くことであると書いています。ICFでは、コミュニケーション技法とは書いていません。

私のコーチング の定義

私はコーチングを

「コーチングとは、自分で人生を創造していきたいクライアントの成長を支援するコーチと、クライアントで織りなすパートナーシップ(信頼関係)である」

と定義しています。

ICFの定義と同じように、コーチングはパートナーシップと定義しています。

私が卒業したライフコーチワールドの定義では、「コーチングとは人生を真剣に生きたいクライアントの成長を支援するコーチとクライアントで織りなすパートナーシップである」とされています。私は、『人生を真剣に生きたい』の部分を私は『人生を創造していきたい』としました。

意味は同じなのですが、自分の人生を真剣に生きる=自分の人生を自分で創っていくことであると私は思いますし、表現としては、「自分の人生を自分で創る」の方が響きが好きなんです^^笑そのため、この定義にしています。

「成長」にフォーカスした「パートナーシップ」つまりコーチとクライアントが2人で創る関係性そのものがコーチングであるとことから、セッションとセッションの間にもコーチとクライアントの関係性による効果は継続します。この関係性が継続することこそコーチングの持つ真の力であると私は思います。

また、多くのコーチが「目標達成」にフォーカスしていますが、「目標達成」というのはあくまでもクライアントの成長の結果です。「目標達成」というのはあなたが成長した結果ついてくるオマケです。

「目標達成」にフォーカスしてしまうと、目標達成のためと言って、心が嫌がっている無理矢理やりたくもないことに取り組んだり、自分らしさを失う方向に行ってしまう可能性があります。それでは何のためにコーチングを始めたかわからないということになりかねません。

コーチングを受ける方に共通する目的はよりよい人生、自分らしい人生を幸せに生きることだと思うのです。そのため、私はクライアントが自分らしく「成長」した結果、目標達成できるように、常にクライアントの「成長」にフォーカスしています。

▼コーチングについて私が対談している動画もありますので、興味のある方はこちらからご覧ください。

以下に私にとってコーチするとはどういうことか書いてみました。

私にとってコーチするとは…

  • クライアントが、主体的に「感じ」「気づき」「学び」「選択、行動する」ことをサポートし、その結果として、クライアントの目標が達成されること。
  • クライアントが、本来の自分自身(強みや資質、価値など)を知り、自分らしい人生を創っていく、それを実現するサポートすること。
  • 「今ははっきりした目標はないけれど、なんだかつまらない、不満である。だけど、よりよく生きたい・変わりたい」そんなクライアントをサポートすること。
  • クライアントの人生の一部を共有させていただくこと。

コーチングって何をするのか?

では、コーチングを受けると決めたら実際に何をすることになるのか?

コーチとクライアントは月3~2回コーチングセッションというセッションの機会を設けます。
(コーチングセッションって何?という方はこちらの記事をご覧ください)
➤コーチングセッションとは?

セッションの中で、実現したい未来のビジョンに近づくためにどんなあなたに成長すればいいかを話していきます。実現したい未来は描けないけど、変わりたいという方は一緒にビジョンを描くところから始めます。

セッションでの会話で、コーチはクライアントの話をしっかりと聞き質問をしていきます。その中で、ビジョンと現状とのギャップを明確にしていく。

そして、現状とビジョンのギャップは何から生まれているのかを明らかにする。そのギャップを産み出している内側の原因や背景(思い込みや設定、セルフイメージなど)を知る。知った後は、そのギャップを産み出しているものをあなたがどのようにしていきたいのか選択していく。

ギャップを産み出す内側の原因を変えたいと思う場合もあるし、そのままにしたいと思う場合もあると思います。

どちらにしても、あなた自身で出した結論(選択)に沿って、これからどうするか決め、行動する。行動してみて、うまくいったこと、うまくいかなかったこと、新たな気づきを話しながら、次にどう行動するか考える。

そして次の行動を起こしていく、それを2人で進めながら描いたビジョンを達成できるあなたに成長していく。

コーチがいるとセッション外の時間でもクライアントは試行錯誤を重ね、自分のビジョンに近づこうとしていくわけです。(セッション中はもちろんですが、その時間だけでなく、このコーチとクライアントの関係性そのものがコーチングです。コーチング定義で「コーチングとは、~~~~パートナーシップである」としている理由はここにあります。)

コーチをつけるとこんな感じで、パートナーシップを築いていきます。

コーチとパートナーシップを築くとどうなるのか?

コーチングを受ける(コーチとのパートナーシップを築く)ことによって、クライアントは本来の自分に戻り、もともと持っている答えや力を引き出し、成長することができます。

人は本来生まれた時のフラットの状態(世間の常識や人の意見に惑わされていない状態)でいるとき、言い換えると本当の自分として生きている時には、自分の持つ可能性を最大限発揮することができるんですね。

この感覚は、本当に一度体験してもらいたいのですが、私をコーチとして使っているクライアントが言うことは、

「私にはコーチがいる。誰かが見ていてくれるというのは、とても心強いし、なぜか私も成長できるかもって気持ちにもなるんです。1人ではそう思えないのに。」

わたしは、コーチとしてクライアントがクライアント自身を信じるよりも、もっともっと強く、クライアントのことを信じています。そして、どんな時も寄り添い、共にいます。

クライアント本人が、自分のことを信じられないなんていうことも時にはあります。そんな時でも、コーチの私はあなたの力、そしてあなた自身を信じているのです。

コーチの姿勢がクライアントの力になっていきます。コーチをつけるイメージは付きましたでしょうか?

▼実際のクライアントからの声をまとめています。

コーチングに興味を持ったら

もしあなたが興味を持ったのであれば、頭で理解しようとせず、是非、コーチをつけるという感覚を体感してみて下さい。

 

私は現在、体験セッションを行っていません。真剣に、私との継続コーチングをご検討される方には無料オリエンテーションを実施しています。(※オリエンテーションでどんなことをするかは、こちらのページをご覧ください。)

なぜ体験セッションを実施していないかというと、表面の浅いところではなく、あなた自身が「深く」自分と向き合っていけるようなコーチングがしたい(パートナーシップを築きたい)と思うからです。

そんなコーチングができる(パートナーシップを築く)には、継続した関係が少なからず必要であると私は考えています。なので、とりあえず小手先だけの問題が解決すればいい。継続したコーチングは望まない方は他のコーチを探すことをオススメします。

また、他のコーチと比べてからにしたいという方は、私とのオリエンテーションを最終日程にしていただくようにしています。

コーチをつけようと決めたら

いつでも、無料オリエンテーションにお申込みください。ただし、私自身がコーチできるクライアント数には限りがありますので、月ごとの先着順で対応させていただきます。マイコーチサービスの空き状況は随時ご案内します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”本当の自分”を取り戻したい方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、自分の心の声に従い、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、婚約、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。