コーチングを受けたい

【コーチング料金の相場】コーチングにかかる費用が高いと思ったら?

コーチ石原
コーチ石原
こんにちは、”自分迷子”の方を応援しています。 ライフコーチの石原瑶子(@kanaeruyoko)です。 

実際にコーチングを受けようとしたとき、気になるのがコーチング料金がいくらかかるのか?だと思います。

質問者
質問者

コーチングの料金や相場について調べてはみたものの

  • コーチング料金の幅がありすぎて選べない
  • コーチング料金の相場は結局いくら?
  • 費用は高い方が効果があるの?
  • 自分に合うベストなコーチング料金はいくら?

というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

この記事では、

  1. コーチング料金について知る(相場、料金と質の関係)
  2. 自分自身のお金の使い道を知る
  3. 実際にコーチング料金を計算してみる

このような3ステップで話を進めていこうと思います。

この記事を最後まで読むことで、あなたなりの基準でコーチング料金を算出できるようになります。

コーチング料金について知る

では、早速コーチング料金について見ていきます。

コーチング料金について考えるときは以下2つを知る必要があります。

 

コーチング料金について考えるとき知っておくと良いこと

  • コーチング料金の相場
  • コーチング料金と質の関係

 

1、コーチング料金の相場

コーチング料金の相場はどのくらいなのか?

この疑問に現役コーチがお答えすると、「コーチング料金の相場は、読めない」ということです。

コーチング料金の相場がなぜ読めないか?その理由として「料金の幅がとても広い」「条件が揃えにくい」この2点が挙げられます。

コーチング料金の幅がとても広い

多くの物や商品には、おおよその相場があります。

あなたは缶コーヒーの相場と聞かれていくらをイメージするでしょうか?

例えば、缶コーヒーは100円〜200円。多くの方がだいたい同じ金額を予想したのではないかと思います。

では、コーチングの場合はどうか?

私の知り合いのコーチ仲間7名に料金について聞いてみたところ1時間 1万円~5万円の料金設定でした。たった7名のコーチの中だけでも、金額の幅が4万円あることがわかります。

グーグルにて「コーチング 料金」「コーチング 値段」などと実際に検索してみると、様々なコーチが設定しているコーチング料金が出てきます。

探していくとワンコインでコーチングを受けれたり、1時間10万円以上の料金設定のコーチも。

このように金額の幅が広いのでコーチング料金の相場はわかりにくいと言えるのです。

コーチング料金以外の「条件」が揃えにくい

コーチング料金を考える際、料金以外の条件も知る必要があると思います。

「時間」「サービス内容」「サポート期間」などです。

私が聞いた7名のコーチ中では、

  • 1セッションが「45分」「60分」「90分」とバラバラ
  • メールは無制限で対応、メールの対応は1ヶ月に5回までと決まっている
  • 電話対応もセッション以外で10分だけ可能
  • セッションレポートを無料でプレゼントしている
  • 単発のコーチング、3ヶ月コースだけの対応、6ヶ月以上の契約から

上記のようにざっくり挙げただけでも、全然違う条件でサービスを行なっていました。

料金以外の条件が揃えにくいことも、コーチング料金の相場はわかりづらい要因です。

  • コーチングは相場は読めないことを大前提にしておく。
  • 「料金・金額」以外の条件が様々すぎて、料金だけを比較し、同じ土俵に並べることが難しい。

 

2、コーチング料金の「高さ」と質の関係

質問者
質問者
コーチングの料金が高い=質が高いと思いますか?

このような質問がよくありますが、私は「それについては分からない」と答えています。

なぜならコーチングの料金が高い=質が高い この公式は成り立つ時もあれば、成り立たない時もあるからです。

一般的には、より高い料金を設定しているコーチの多くは、理由があって高い金額を設定しています。

例えば、「通算セッション時間数が多い」「コーチ歴が長い」「トップレベルの資格をもっている」のような背景からの高い料金設定です。

また、コーチがコーチング料金を値上げするときは「クライアントが増えたこと」「コーチの成長に伴い、コーチする対象が変化したこと(例:会社員→経営者)」が理由になることが多い印象です。※コーチする対象については、会社員が偉くないとか、経営者が偉いということではなくコーチする対象によってニーズも変化するためここでは上記の表現をしています

これらの場合は、コーチングの料金が高い=質が高いと言えます。

ですが、中にはコーチングについては学んではいないけれど「コーチ」と名乗っている人もいます。私が見かけたその方は1時間7万円の料金でした。

ツイッターでも、コーチングについて学び始めて2ヶ月の方が月10万円の料金というのを見かけたこともあります。

そのような方の料金設定やサービスが良い悪いのか、質が高いのか低いのか、ということが言いたいのはありません。

コーチと名乗るための必須条件がない以上「コーチングの料金が高い=質が高い」という公式が成り立たないこともあると知っておくことが重要ではないでしょうか。

私個人的の考えですが、金額だけでコーチを選ぶのはやめたほうがいいとも思っています。

コーチ石原
コーチ石原
金額以外で「どうやってコーチを選んだらいいか、わからない」という方はこちらも合わせて読んでみてください。 

コーチングの料金が高い=コーチングの質が高いとは言い切れない

金額だけで、コーチングの質を判断するのは危険

 

自分自身のお金の使い道を知る

コーチングの料金について考える際は、あわせて、あなた自身が”何に”お金を使っているのかを振り返ることをオススメします。

例えば生活に使うお金

  • 家賃は7万円まで
  • 飲み会1回は5千円まで
  • 美容に使うお金は月1万円まで
  • ワンピースは最高でも3万円まで など

人それぞれ、お金に関する基準があり、その基準に沿ってお金を使っていると思います。

自分の持っている基準やお金の使い方を把握すると、無意識で自分が思っていることに気づくことができます。

例えば、昔の私はお金について振り返ることで

「ワンピースに3万円はあり」

「だけどコーチングに3万円か~、形も残らないしな・・・」

ワンピースはいいけど、コーチングに3万円は無理と思っていることに気づきました。

コーチングは言い換えると、自分自身の内面やより良い未来ににお金を投じるとも言えます。

 

コーチ石原
コーチ石原
つまり過去の私は、自分の人生や理想の未来は3万円のワンピース以下の価値とみなしていたということです。 イタタタ

この気づきから、自分の人生なのだからもう少しお金をかけようと思うに至りました。

自分のお金の使い方について見直すことで、自分に合ったコーチングの料金について考えやすくなるでしょう。

お金に関する基準やお金の使い方を見直してみる

→自分がお金をかけたい部分が明確になり、自分に合ったコーチング料金を考えやすくなるため。

 

4、コーチング料金は自己投資

自己投資というのは、自分自身の価値を高めていくために「お金」「時間」「エネルギー」などを投じるということ。

自己「投資」なので、回収することも必要だと私は思っています。

コーチングの場合、人生の満足度や充実感を得ること、なりたい自分に成長することで投資の回収になるのではないでしょうか。

また、不思議なことに、あなた自身の価値が高まると自然と持てるお金の額も増える場合もあると思います。

日常でお金がないから自己投資できない。お金がある人はいいよね」という話を耳にすることがあります。

が、そう言っている人のうち、本当にお金に困っている人はどれくらいいるのでしょうか。

衣食住に関わる最低限のお金がないという場合は別ですが、コーチングを検討している人で、衣食住に困っている方はそう多くはないはずです。

お金がないからと話す人の話を聞いてみると、友人と飲みにいったり、コンビニで必要もない食べ物を罪悪感に苛まれながら、健康を害しつつも買ってみたり、パチンコに1日中いて時間もお金も嫌々消費したり、、、

お金がないと言いつつ、無自覚で浪費している場合もあるかもしれません。

コーチ石原
コーチ石原
なんとなくお金がないと言っている人ほど、自分と向き合う必要があると言えそうです。 
  • コーチングは自己投資。得たいものを回収できるか?という視点で考えてみる
  • 今時点で自分が何にお金を投じているのか?考えみると良い

 

コーチング料金を実際に計算する

ここまで、自分にあったコーチング料金を考えるための材料を集めてきてもらいました。自分にあったコーチング料金の計算ができるのではないでしょうか?

私の場合は、実はコーチング料金ではなく、自分がいいなと思った感覚を最優先してコーチを決めています。詳しく知りたい方はこちらの失敗しないコーチの選び方も合わせてご覧ください。

そして、

  • 自分の人生や理想の未来は3万円のワンピース以下の価値と無意識で思って自分に衝撃を受けたこと
  • いいなと思ったコーチの料金が35000円(税別)だったこと

以上が重なり、35000円のコーチング料金を支払うことになりました。

 

コーチング料金について考え方の一例

上記以外にも、コーチング料金について考える方法を紹介しておこうと思います。

自己投資額から考える

コーチングは先ほどお伝えしたように自己投資です。

そして、自己投資は”目標年収”の10%を自己投資額にするのがよいと一般的には言われています。(3〜10%や10〜15%としてある場合もあります)

コーチ石原
コーチ石原
年収600万円目標の場合は60万円ということですね 

過去の私の例で、少し考えてみましょう。

コーチングを始めた当時の私は看護師で、年収は400万円~450万円くらい。月のお給料が手取りで、25万円前後。

目標年収の10%を自己投資額にするとよいという考えは知りませんでしたが、月額7万円くらいの自己投資(コーチングフィー37800円+コーチングスクール代35000円程度)をしていました。

年間にすると、84万円。

目標年収840万円の人が行うとよい、自己投資額ということです。結果、年収840万円には及びませんが、自己投資額に見合う私に近づいてきています。(2019年現在)

特に、コーチング料金について決めるとき、優先したいものがなければ目標年収からコーチング料金を決めるのも有効な方法ですね。

 

コーチ石原の設定しているコーチング金額

わたしが設定しているコーチング料金は以下です。月額の料金として設定しています。1セッションは45分です。

月3セッション 40,000円(税別)
月2セッション 30,000円(税別)
月1セッション
(※7か月以上継続クライアント向け)
20,000円(税別)

月額としているのには理由がありコーチングセッションの時間だけがコーチングではないと考えているからです。

私は、コーチとクライアントの関係性そのものがコーチングだという考えを持っています。

つまり、セッションとセッションの間もコーチングは続くということ。

以上から月額での金額設定としており、セッション自体の回数/時間はコースによって決まっていますが、メールでのやりとりや報告、質問等は無制限とさせていただいています。

 

コーチング料金が高いと思っている方へ

コーチを選ぶために、あなたなりの基準はできたでしょうか?

コーチング料金が高いと感じるのも事実だと思います。ただ、私はコーチングで「人生を自分で切り開く力」を得ることができました。

ですので、値段以上の価値を手に入れたなと思っています。

また上記手順でコーチング料金を計算してみるだけでも、自分と向き合うきっかけになりますので、ぜひコーチング料金の計算をしてみてください。

何かを埋めるためにお金を使ったり意識もせず、お金を使っている人もいたはずです。

コーチ石原
コーチ石原
過去の私はさびしい気持ちや、理想と現実のギャップを「お金を使うことで得られる一時の高揚感」で埋めていました 

コーチングを受ける中で、自分のお金の使い方についても見直して今は納得のいくお金の使い方も身についています。

この記事を読んで、コーチを単に金額で選ぶのではなく、あなたなりの基準でコーチを偉ばい、コーチングから高い効果を得ていただけると嬉しく思います。

石原にご縁を感じてくださった方は、ぜひ無料オリエンテーションでお会いしましょう。

ABOUT ME
石原 瑶子
”自分迷子”の方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、”自分の答え”を大切にし、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、結婚、出産、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。
”自分迷子”から脱するライフコーチング

ライフコーチと一緒に
”自分自身と向き合い”
本当の自信をつけていきませんか?