コーチングにおける料金の相場。かかる費用について考える。

こんにちは。”本当の自分”を取り戻したい方専属 ライフコーチの石原瑶子です。

この記事では、コーチングを受けようと思った時、気になる料金や費用、価格の相場などについてみていきたいと思います。

ウェブで「コーチング 料金」というキーワードで検索してみると驚くほど、たくさんの料金設定があります。0が一つ多いとか、桁が違うなんてことも。

お試しのセッションがワンコインで受けれたり、1時間10万円以上の料金設定のものあったりしますよね。

少し無理をしても効果が得られるなら…と思ったり、安いほうが始め安いかもと思ったり、自分にあった料金っていくらなんだろう?と考えるのではないでしょうか?

この記事では、自分にあったコーチング料金について考えていきたいと思います。

「自分に合ったコーチング料金」を考える時に知っておくべきこと

「自分に合ったコーチング料金」はいくらぐらいが妥当だと思いますか?

私の答えは「人によって違う」です。なので、あなたなりの基準を考える必要があります。

以下の1〜4を考えるとその基準を作るのに参考になるかもしれません。

  1. コーチング料金の相場
  2. 高い方が良い?安い方が良い?
  3. 自分のお金の使い方
  4. コーチングの料金は自己投資

以上4点です。

1、コーチング料金の相場

「コーチング料金の相場は測れない」

まずこのことを知っておいてください。

だいたいのものって相場があると思います。例えばカップラーメン(笑)100円位から300円位。これくらいの金額をかければ、だいたいのカップラーメンは買えると思うんですね。金額の幅は200円位です。

コーチングはどうか?ウェブやコーチ仲間に聞いてみると、1時間 1万円~3万5千円位でセッションをしているコーチが多い印象でした。金額の幅は2万5千円位。

ただ、先程もお伝えした通り、相場は測れないのがコーチングの特徴なのです。

なぜかというと、そもそも、条件設定が異なるんです。(セッション時間や場所、方法など)。年間契約というコーチもいたり、時間も1回のセッションが30分〜2時間というように条件にも幅がある。

つまり、「料金」「金額」のみをとって比較することもできません。

まずは、コーチング料金の相場は測れないことを知りましょう。

2、「高い」ほうがいいか、「安い」ほうがいいか?

コーチング料金は安いほうがいいのか?それとも少し無理しても高めが良いのか?

コーチング料金と質の関係についてみてみましょう。

よく、色々な方にコーチングの料金が高い=質が高いと思いますか?と聞かれることがあります。

しかし私の答えとしては、「それについては分からない、一概には言えない」と答えています。

確かに、相場(ここでは最初に述べた1時間1.5万円くらいを相場と仮定しましょう)より高い料金を設定しているコーチは通算セッション時間数が多いとか、コーチ歴が長いとか、トップレベルの資格をもっているとか、そういった背景がある場合が多いです。

だからと言って、コーチングの料金が高い=質が高いとは言い切れないのです。

ただし、多くのコーチは経験年数や実績が増えていくと、コーチング料金を値上げしていく人も多いです。

コーチ自身が成長していくので、コーチする対象も少しずつ変化していくという理由だったり、クライアントが増えて料金を値上げする場合もあると思います。

そういう場合は、コーチングの料金が高い=質が高いとも言えますね。一概に、答えが出せないのが迷うポイントなのだと思います。

3、自分が何にお金を使っているのか

コーチングの料金について考える前に、今自分が何にお金を使っているのか把握する必要があります。

例をあげると

  • 交際費は1回に5千円程度
  • 家賃は6万円
  • 化粧品に使うお金は月1万円まで
  • ワンピースは最高でも3万円まで など。

自分のお金の使い方を把握すると、自分が何に投資しているのか?(もしくは消費)

何かしら気付きが生まれると思います。

例えば、「ワンピースに3万円はいい」「だけどコーチングに3万円か~」なんて具合に。

ですが、あなたがコーチングを受けること検討しているとしたら…

コーチングを受けて、より良い人生や理想の未来を手に入れたいと思っているはずです。

ワンピースはいいけど、コーチングに3万円は無理。

その考えは、より良い人生や理想の未来はワンピース以下の価値と無意識に思っている可能性もありまよね!

自分が何にお金を使っているかを知ることでこのような比較の仕方もできます。

4、コーチング料金は自己投資

自己投資というのは、自分自身の価値を高めていくために「お金」「時間」「エネルギー」を投資することです。

「自己投資」なので、投資して回収することも必要ではないでしょうか?

人生の満足度や充実感、豊かさを感じるあなたに成長することが投資の回収だと考えることもできます。つまり、コーチングの料金は支払っているようで、自分にかけているとも言えそうです。

また、不思議なことに、あなた自身の価値が高まると自然と持てるお金の額も増えてきたりするもの。

お金がないから自己投資できない。お金がある人はいいよね」という話を耳にすることがあります。

が、本当に住む、着る、食べるための最低限のお金がない場合を除いて、多くの人は、飲み食い、住むところに困っている人は多くはないはず。

お金がないからと話す人の話を聞いてみると、友人と飲みにいったり、コンビニで必要もない食べ物を罪悪感に苛まれながら、健康を害しつつも買ってみたり、パチンコに1日中いて時間もお金も嫌々消費したり、、、

そこに、自分のお金を投じているということ。

お金がないと言っている人ほど、出来る限りの金額を「投資」する必要があると思うんですね。自分の価値を高めて、お金に困らない自分になるためにも。

かといってお小遣いなど自由に使えるお金が30,000円なのに、30,000円のコーチングを受けるというのは無理をしているのかもしれません。

コーチング料金について私の考え方

私がコーチングを受け始めた時、年収は400万円~450万円くらいだったのですが、月のお給料が手取りで、25万円前後でした。(当時看護師)貯金はしていませんでした(笑)

そのときのコーチングフィーが税込37800円でした。私は同時に、コーチになる為に、コーチングのスクールにも通い始めたのですが、そのスクールの支払いを分割でしていて、月に35000円程。合わせて、7万円くらいの自己投資をしていました。年間にすると、84万円です。

一般的には、自己投資の額としては、目標年収の10%を年間の自己投資が妥当と意見がありますね。当時の私の場合で行くと、年収400万円として、40万円が妥当な金額と言えそうです。

その倍の自己投資をした結果、今年は詳しくは書きませんが、昨年の自己投資額に見合う私にかなり近づいています。(年収の10%の投資が妥当な金額だとすると、84万円まではいきませんが、それに近づきました♪)

当時の私がコーチを決めるときにしたことはコチラに詳しく載せています。
失敗しないコーチの選び方

最後に

あなたの人生なので、あなたがかけたいところにお金をかければいいと思います。

しかし、1度何にお金を使っているのかを見直してみることは必要かもしれません。無駄遣いとは言いませんが、何かを埋めるためにお金を使ったり(昔の私は、さびしい気持ちや理想と現実のギャップを必要ないものを買う刺激で埋めていました(笑))、意識もせず、お金を使っていました。

そこから、自分のお金の使い方を見直し、自己投資(コーチング)に注いだことでとても人生は変わりました。自己投資としてコーチングはかなりおススメです。プライスレスの価値も受け取ることができるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”本当の自分”を取り戻したい方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、自分の心の声に従い、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、婚約、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。