自己実現

【必読】自分に自信がない。自分迷子がやるべきたった一つのこと

コーチ石原
コーチ石原
こんにちは、”自分迷子”の方を応援しています。

ライフコーチの石原瑶子(kanaeruyoko)です。 

質問者
質問者
  • 自信がないせいで仕事も恋も、全てがうまくいかない
  • 自信がなくて失敗ばかり、悪循環
  • 自分の行動が合っているか?常に不安
  • 本当は自分のことをもっと信じたいのに
  • 自信がない性格をなんとかしたい
  • 自信があればもっと、人にも認められるのに
  • 自信がなくて、行動できない

と悩んでいる方の力になれる記事になっています。

なぜなら、『自分に向き合うこと(じぶんダイブ!)』を実践したことで、過去の私を含め、クライアントが自信がないことに悩まなくなり、自信がついたからです。

記事前半では『自信がない原因』を解説し、記事後半では『自信がない人がやるべき1つの方法』を解説します。

この記事を読み終えることで、『自信がない状態を脱するためのあなたなりのアクション』が見つかると思います。

自信がない人の特徴とは?あなたも簡単に診断

自信がない人の特徴を簡単にまとめました。

完璧主義である

他人と比べて劣等感を感じる

「普通は」「一般的には」こうあるべきと口にする

「ちゃんと」「うまく」やらないととよく言う

自分が嫌いで、信じられない

自分の行動が正しいのかいつも心配

プライドが高いと言われる

他人の顔色を常に伺う

他人の行動で許せないことが多い

落ち込んだ時は、他人が怖くなり引きこもりたくなる

優等生やいい子として生きてきた

物事をネガティブに捉えがち

コンプレックスをいつも気にしている

八方美人と言われる

あなたはどうしたい?と聞かれるのが苦手

オマケ

物事が続かない

部屋が片付けられない

一部ですが、あげてみました。

当てはまれば当てはまるほど、自分に自信がないと感じている人が多いのでは?と思います。

自信とは?

さて、ここであなたに聞きたいことがあります。

あなたにとって「自信」とはなんでしょうか?

え?自信は自信だよと思うかもしれませんが、少し考えてみてください。

デジタル大辞泉では

自分で自分の能力や価値などを信じること。自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。

とありました。

言い換えると、自分を信じること=自信です。つまり、自信は”根拠なく無条件”で持っていいものと言えます。

ではなぜ、無条件に持つことのできるはずなのに、自信を持てない人がいるのでしょうか?

自信が持てない、自信がなくなる理由・心理

あなたが、自信を持てない理由を3つの視点で書いてみました。

  1. 自信という言葉を正しく使っていない
  2. 他人の評価(他人軸)で生きている
  3. 自己肯定感が低い

以上3つです。一つずつ詳しく解説します。

①自信という言葉を正しく使っていない

まず自信が持てない一つの理由として、あなたは「自信がない」という言葉を【保証】という意味で使っている可能性があります。

保証とは、間違いがない、大丈夫であると認め、責任をもつという意味です。保証には条件や根拠があります。

例をあげてみましょう。

私は、過去に自信がないのでチャレンジできません」とよく言っていました。

一方で、チャレンジの結果がどうなっても良いと思っていることに関してはチャレンジすることはできました。

「自信がないのでチャレンジできません」←ここでいう「自信」は、結果の保証やうまくいく根拠という意味で使っていたことになります。

あなたは、自信という言葉を保証という意味ですり替えて使っていませんか?

自信には根拠は必要がないのです。

自己肯定感がない、低い

自信がなくなる、自信が持てない理由の2つ目としては、自己肯定感が低いこと。

自己肯定感には様々な定義がありますが、私は下記の定義と似たような感覚でこの言葉を使っています。

自己肯定感とは:現在の自分を自分であると認める感覚。

樋口, 善之; 松浦, 賢長 (2002-12). 自己肯定感の構成概念および自己肯定感尺度の作成に関する研究

現在の自分を自分であると認めるとは、今の自分を直視することができることと同じだと思うんですね。

私は、自分に自信がなかった過去はいつも、「こんなの本当の自分じゃないからなんとかしないと」と思っていました。

そんな自分を変えるために焦って、いろんなことに取り組みましたが、自信はつかず。状況も変わらず。

逆に落ち込んでいくばかりでした・・・。

今の自分を直視できる自己肯定感がないと、根拠なき自信は持てません。

今の自分を直視できないということは、例えると目的地に向かう時、今どこにいるかがわからないけれど、とりあえず進みますっていう状態と同じだからです。

今どこにいるかわからなければ、ほとんどの場合たどりつかないことでしょう。

あなたの自己肯定感はどんな状態でしょうか?
あなたは、現在の自分を自分と認めていますか(直視していますか)?

他人の評価(他人軸)で生きている

自信が持てない理由の3つ目は、他人の評価(他人軸)で生きていること。

判断の基準が他人の評価だと自分を信じることが難しくなります。

なぜなら、他人の評価というものはコントロールできないものだからです。

人や環境、状況によって判断の基準はもちろん違いますし、相手にとっての正解を推し量るには限界があります。

人それぞれ、多様な人生観の中で生きているので当然です。

他人の評価で生きている人は、一生懸命他人の評価に沿おうとします。そして、その評価が全てだと思っています。

他人軸だと、相手の相手の顔色を見ながらいい評価を取れるようにする、その結果に一喜一憂しなくてはならない。

そして、他人の評価などコロコロ変わるもの。
なので、評価が得られない時は、自分をダメだと裁き、どんどん自分への信頼を無くして劣等感を抱えることになります。

あなたは何を軸に生きていますか?

①〜③まで自信が持てない、自信がなくなる理由を説明してきました。

①〜③で全てを一言でまとめるなら、「自分をよく知らない、理解していない」と言えるのではないでしょうか?

自分がどんな言葉を話し
(←①自分の使っている言葉)

どんな強みや特徴があり
(←②ありのままの自分を直視しないとわからないこと)

どんな物の見方をし
(←③他人軸、自分軸など)

自分はどういう人間だと、自分自身で捉えているのか?

自分を理解するためには自分とのコミュニケーション(自分と向き合うこと)が必要です。

私は自分と向き合うことをじぶんダイブ!と呼んでいます^^

自信がある人というのは、自分とのコミュニケーションをたくさんとっており、自分のことを本当によく知っています。

自分のことを知っているからこそ(自己肯定)、欠けているところも含め、「ありのままの自分」の活かし方がわかっていくのです。

ありのままの自分を活かして行動していくことで、自然と根拠のない自信(本当の意味での自信)が湧いてきます。

自信をつけるために何をする?(改善策、克服法)

早速自信をつけるために、何をするか?という話をして行きたいと思います。

それはたった一つ。

自分を知る作業(自分とのコミュニケーション、じぶんダイブ!)です。

自分を知る作業と言われても何からやったらいいのか?と思う方も多いでしょう。

方法は様々あります。

セルフコーチングノートや自分を知るワーク、自己肯定感を高めるための本を読む、自己肯定感が高い人のブログを読んで行動するなど自分にあったものを選ぶと良いです。

簡単にまとめます。

①感じていることを観察する

感じていることを観察していく

→のちに簡単にできる私流の方法やオススメの本を紹介しますね。

②自分が知れそうな「ワーク」に取り組む

自分を知れるワーク

自分を知れるワークというのは、巷にはたくさん出回っています。

例えば、自分のやりたいことを100個挙げてみるとか。

人生を変える100の質問 ネット上にはこんなものもありました^^
▶️こちら

こういうものに取り組んでみると自分を知ることができると思います。

私も自分迷子の人が、答えると良い〇〇の質問をまとめて見ました。よかったらご参考まで。

強みを見つけるツールに取り組む

紹介する3つのツールは科学的データに基づいて作成されているものです^^

ストレングスファインダー

料金は書籍代 1600円+税

これは、ギャラップ社というアメリカの調査会社が作った「強み」を診断するツールになります。(ギャラップ社は大統領選などの世論調査もやっていて、ニュースをよくみるとギャラップ社調べと出ています^^)

そのギャラップ社が、人の才能(=強みの源)となる34の資質で表現しています。

テストを受けると、自分にはどの資質が高いか、順位づけをしてくれます。本では上位5つの資質を知ることができます。

34位まで知りたかったらオンラインで、5500円?払えば知ることができます。
ストレングスファインダーのウェブサイト

ちなみにですが、私の結果はこういう感じです。

結果の活かし方の例が本に書いてあるので、診断後読むと気づきが得られるでしょう。

得たことを日常生活に活かし、自分の強みを活かすことができれば、自己理解が深まるし、自己肯定感が高まり自信に繋がります。(このことはポジティブ心理学の分野でも言われていて、自分の強みを知り、日常的に活かすことで自己肯定感が高まる。特に、人のために強みを活かすと良い。)

mgram

料金は無料

私も、こちらもやってみたことがあります。
イメージとしては、ストレングスファインダーより手軽に受けられるといったところでしょうか?

無料って本当にありがたいです。

このように私を構成する8つの要素を出してくれます。

VIA強みテスト

料金:無料

こちらのツールはニコ生でメンタリストのDaigoさんが勧められていました^^
▶️ウェブサイトはこちら

診断すると結果がこんな感じで出てきます。

このテストは24の強みの項目があり、順位づけをされて1〜24で出てきます。

どのツールも自分の決めつけには使わないこと

(悪いとは思いませんが、決めつけて自分を活かせないのはもったいないです^^)

そういう面があるんだと参考程度に留める。

なぜなら、ツールはあくまでもツールであり、自分自身について理解しやすくするためのものだからです。

人は多様性があり、パターンなど決めることができません。強みというのはあなたの一部をわかりやすく言語化したものだと思ってください。

✖︎私はこういう資質があるから、これができない

○私という人間にはこういう部分があるので、資質としては「〇〇」と結果が出たんだな。その部分をどう活かそうか?

また、強みは心理学の分野で研究されており、強みを見つける→それを活かしていきる→他人のためにそれを活かすことが重要と言われています。

興味がある方は、ストレングスブラインドネスなどのキーワードでも調べて見てください^^

③コーチングを受ける

この中でオススメの最強のツールがコーチングなのです。

お前がコーチしているからだろっと思われるかもしれませんが、違って2つ理由があります。

その理由の一つが「時間」です。

私は、自分でなんとかしようともがいてきた人間でした。

他人にお金払って自分を知るなんてお金がもったいないと思っていて笑

だから本を読んだり、安価なセミナーに通ったり、ブログを読んだりして、手当たり次第ワークを行ったり。

強みを診断する上記のようなツールを使ってみたり。

色々なアプローチを2年間必死にやりました。

ですが、その当時、自信ない代表の他人軸バリバリ、自己肯定感が激低な状態。

知識を知って思ったことは、

「自分を知るワークやりました。なんか強みはこれっぽいね。で?どうしたらいいの?」

「自己肯定感を高めるための方法はわかったけどこれであってるの?」

「結局、自信がないからわからない・・・」でした。

なので、コーチをつけてみる選択をしたのです。(でも、コーチが答えを教えてくれるわけじゃありませんでしたが・・・考える視点や質問をくれました。また継続するためのサポートなども)

本気で取り組んだこともあり、私はコーチをつけて1年ほどで自信を取り戻しました。

結果、行動し始めてからトータル3年以上かかっています。自信がない事に悩み始めてからは10年くらいです。

その期間を考えると本当に、さっさとコーチつけてみりゃ良かったと思うのです。やめることはいつでもできるので。

あなたはこれまで「自信がない」という悩みにどれだけの期間を費やしましたか?

コーチングでは、コーチがあなたへの質問やフィードバックを通して、あなた自身が自分を知るためのサポートをします。

ここからが、コーチをつけることをオススメする2つ目の理由は「自分の人生のビジョン」も考えることができること。

どこに自分が向かいたいか?というゴールがあり、そこに向けて自分をどう活かすのかが重要です。

強みを知っていても、ゴールが決まっていなければ自分をどう活かすのか?わからない。

コーチングは、

  • 自分という人間を知ってどう活かすか?
  • どんな人生にしていきたいのか?

あなたとコーチでパートナーシップを組み、ビジョンを見据えて、あなたが自分らしく納得のいく人生になるようコーチは対話で応援します。

自分迷子で自信のない状態の人が、

「自分の強みを知り」
→「自分の人生のビジョンを設定し」
→「そこに向かって日常でトライアンドエラーしながら強みを活かしつつ進む」
→「自分らしくいきれる状態を作る」

って、一人でやるのはハードルが高そうではないですか?

できないわけではないと思いますし、できる人もいる。

でも多くの場合は、自分だけで進むのって難しいんじゃないかな?と思います。

少なくとも私はそうでした。
もっと時間をかければできたのかもしれませんが。

私は、自信がないという悩みにもう振り回されたくなかったのです。

もし同じ思いの人がいたら、コーチをつけることも一つの選択肢として知ってもらえたらと思っています。

コーチングの実際についてはこちらの記事に詳しく書きました。

【これさえ読めばわかる】ライフコーチングとは? という疑問をお持ちの方はいませんか? そんな方はこの記事を読むことで、『ライフコーチング』についてざっくりと概要を...

④書籍を読んでみる

最後に

私は、本当に自信がなくて、死にたいと思っていた時期があります。

そんな状態が続いて病気にもなりました。自信がないって今思っている方の辛さを少しはわかるつもりです。

私の好きな歌、平原綾香さんのジュピターという曲にも

夢を失うよりも、悲しいことは

自分を信じてあげられないこと

という歌詞がありますよね。

何をやるにも、不安でたまらない。自信さえあればと何度思ったことか。

当時から3年経った今、私は自分のことを信じています。

どんなことがあっても、私は大丈夫という根拠なき自信があるのです。

失敗することも、できないこともたくさんあります。

でも、私は大丈夫。そんな風に思うことができます。

だからあなたも大丈夫です。

一つ一つ自分を知って、丁寧に自分と対話していくことで必ず自信は追いかけてきてくれます。

あなたも自分を信じられる日はきっと近い。応援しています。

ABOUT ME
石原 瑶子
”自分迷子”の方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、”自分の答え”を大切にし、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、結婚、出産、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。