コーチ(ライフコーチ)という仕事、職業のリアル。収入(給料)は?

今日は、私のお仕事。ライフコーチ(コーチ)としてのお仕事についてご紹介させていただきたいと思います。2018年6月に「深イイ話」にて、アメリカでご活躍中のライフコーチ(コーチ)ボーク重子さんが出演されました。

そのことをきっかけに、昨今「ライフコーチ(コーチ)」という職業が注目されています。ライフコーチとはどんな仕事をしているのか?書いていきます。

仕事内容

1on1のコーチング(パーソナルコーチング)

ライフコーチは、この1on1のパーソナルコーチングをメインとして活動している方が私の周りでは、ほとんど。具体的には、クライアント個人と契約を結び、継続した関係を構築して、クライアントの成長を支援していきます。

コーチによりますが、基本的に月に3~2回の45分から60分のコーチングセッションという時間を設け、クライアントが考えたテーマに沿って会話をする。そのような関係の中でクライアントの成長を促します。

その他、コーチによると思いますが、メールでセッションで決めたアクションプラン(行動目標)についてメールで報告をもらったり、セルフコーチングしたこと、日々の取り組みで気づいたことの報告をもらったりすることも。

私の場合は、月に3~2回のクライアントそれぞれの契約に基づき、セッションを実施します。セッションは、オンラインがほとんどですが、クライアントの希望があれば対面でも実施可能です。

メールはクライアントの期間中、無制限でお受けしていて、メールで報告を受けたり、クライアントの了承を得てメールでフィードバックをさせていただくこともあります。

私にとってコーチングとは、コーチとクライアントのパートナーシップなので、セッション時間だけでなくそれ以外の時間もコーチングが続くのです。メールでのフィードバックや報告などもその一環となります。

企業と契約してのコーチング

ライフコーチの中は、企業と契約を結び、この契約に基づいてお仕事をさせていただくこともあります。契約に基づくので形態はさまざまです。

企業がお金を負担し、1on 1でのセッションもありますし、グループコーチングの場合もあります。また、セミナー研修の形式で多くの方にお話しをすることも多いです。セッションとセミナー研修を組み合わせて行われることもあります。

企業、病院、地域などでの研修、セミナー講師

ライフコーチの中には、行政が企画するセミナーで講師としてお話しをしていて活躍している人もいます。その企画に合わせて、ライフコーチとしての経験、コーチとして自分が生きてきた過程や経験を話したりするそうです。

同じように、企業の研修であったり、病院での研修でセミナー講師としてお話しをする場合もあります。

中には、研修会社と契約を結んでいて、そこから依頼された研修に行くというパターンも。

スクール主宰、アシスタント

ライフコーチを育てるためのお仕事です。ライフコーチを育てるスクールは日本で唯一ライフコーチワールドというスクールがあります。スクール主宰の林忠之コーチは、スクールを立ち上げ、中心となり全体の取りまとめを行われています。

私はライフコーチワールドのアシスタントです。オンライントレーニングというトレーニングでトレーナーをしたり、集合トレーニングという月一回の集合の場でサポートに入ります。

いかがでしたか?

1on1のコーチングを基本にし、それぞれが自分の特色を生かしてさまざまな場で活躍しているのが現状です。同じライフコーチという肩書でもそれぞれ、仕事内容は少しずつ違いがあるかもしれません。

また、コーチという広い視点でみると、コーチを雇っている会社もありますので、その場合は会社に所属する形となると思います。

実際、収入(給料)は?

気になるお給料についてお給料は人それぞれです。億単位で稼いでいるコーチもいますし、クライアントに出会えないという方もいるとか。

まず、1on 1のパーソナルコーチングを基本にした場合、単純にコーチングフィー(設定した価格)×クライアントの人数になると思います。セッション価格設定は自分で決めることができます。これは、自分で決められるので嬉しいところかもしれませんね。

ただ、どのようにしてクライアントに出会うのかは自分で考えなければなりません。クライアントがあなたにコーチしてほしい!そう言いたくなるようなコーチで在れているか?が鍵となります。

企業や地域などでのお給料について。これも人それぞれ仕事内容や契約については、人によるということしか言えません。

つまりまとめると、お給料は自分次第ということになりますね。ちなみに、病気や怪我でお仕事ができないなんて状態になった場合、収入が0ということもありえるわけです。完全に、自己責任ですので自己管理がとても大切になる職業ですね。

逆に、自分の頑張り次第で結果が現れる職業ということも言えるかもしれません。

仕事の醍醐味は?

コーチとして、仕事の醍醐味はクライアントの「人生の一部を共有させていただけること」ではないでしょうか?仕事に何を求めるかもコーチによってさまざまなので一概には言えません。ですが、クライアントがコーチングを重ねるごとに自分のビジョンを達成し、よりよい人生を生きていく姿を見られること。これは、コーチとしての醍醐味だと私は思っています。

目の前で、どんどん成長していくクライアントの姿を見ることができるのは本当に幸せです。

なり方は?

では、ライフコーチになるにはどういったルートがあるのでしょうか?

スクールで学ぶ→ライフコーチとして活動開始

このルートが私の知る限りでは多いです。

ライフコーチになる方法についてはこちらに詳しくまとめましたのでご覧ください。
ライフコーチのなり方は?

コーチになるという広い視点で行くと、会社に入り、コーチになる教育を受けながらコーチになれる会社もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか?ライフコーチ(コーチ)の活動の実際、お仕事の実際についてまとめてみました。ライフコーチ(コーチ)は確かに、職業ではあります。

しかしながら、職業でありながらも、生き方である」と私は思っています。ライフコーチは自分らしい人生を歩みたい、自分で人生を創っていきたい、納得のいく人生にしたい、つまりもっとよく生きたい、そんな想いを持つクライアントと共に歩み、サポートするのです。

そのため、ライフコーチ(コーチ)が自分自身が自分らしい人生、自分が納得のいく自分らしい人生を歩んでいる人でないといけません。

そのため、職業でありながらも生き方。ライフコーチ(コーチ)は常にそのことを頭に置いて活動していく必要があると思っています。

もし、あなたもライフコーチになりたいと思ったら、まずは自分がコーチングを体感してみることが必要です。コーチたるもの、コーチングの効果を実感し、自分自身がコーチを使って最高のクライアントである必要があるということ。

まずは、コーチングを体感してみたいと思ったら、無料オリエンテーションへお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”本当の自分”を取り戻したい方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、自分の心の声に従い、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、婚約、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。