ーライフコーチングとは

【これさえ読めばわかる】ライフコーチングとは?

コーチ石原
コーチ石原
こんにちは、”自分迷子”の方を応援しています。

ライフコーチの石原瑶子(@kanaeruyoko)です。 

質問者
質問者
  • ライフコーチングって何?概要がわからない
  • なんのためにあるの?
  • コーチングと何が違うの?

という疑問をお持ちの方はいませんか?

そんな方はこの記事を読むことで、『ライフコーチング』についてざっくりと概要を知ることができます。

また、それだけではなく、ライフコーチングを人生に取り入れたくなる人もいるかもしれません。

なぜなら、私もそうだったから。

『ライフコーチング』という単語に出会い、調べる中で興味を持ちました。そして自分の人生に取り入れ、人生が変わっていくことになりました。

この記事では、ライフコーチングの概要について4つの角度から紹介していきます。また動画のリンクも貼っていますので、そちらも併せてご覧ください。

では始めます。

ライフコーチングって何だ?

  • ライフコーチングとは?(言葉の定義)
  • 何のためにあるのか?(ライフコーチングの目的)
  • 人生をよりよくするとは?(ライフコーチングの効果)
  • どんなことをするのか?(ライフコーチングの実際)

まずは、ライフコーチングについてこの順序で書いていきます。

ライフコーチングとは?(言葉の定義)

ライフコーチング=ライフ+コーチング

ライフコーチングという言葉を分解すると「ライフ(人生)」「コーチング」という言葉に分解することができます。

ライフは人生そのもの。

では、コーチングという言葉は、どんな意味を持つのでしょうか?

言葉の定義(コーチング)

コーチングとは『人生を真剣に生きたいクライアントの成長を支援する、コーチとクライアントの総合力で織りなすパートナーシップである』

私が学んだライフコーチワールドではこのように定義しています。

主語と述語だけとってみると

コーチング=パートナーシップ

となります。

パートナーシップってどういうこと?

パートナーシップとは、『協働関係』と訳すことができます。複数のひとが、何らかの目標を共有し、ともに力を合わせて活動することが協働関係です。

つまり、コーチングにおいては「コーチとクライアントが、クライアントの成長を目指すという目標を共有し、共に力を合わせて活動すること」

この関係自体がコーチングなのです。

ライフコーチング=ライフ+コーチング

コーチとクライアントが人生(ライフ)を真剣に生きたい(よりよくしたい)という、クライアントの成長という共通の目的を達成するために力を合わせる。

その関係性そのものがライフコーチング

何のためにあるの?(ライフコーチングの目的)

クライアント(コーチングを受ける人)が成長することにあります。

クライアント自身が成長すると、人生は必ずよりよいものとなっていきます。

そのためにコーチは存在します。

そして、会話・対話(質問やフィードバックなど)を通してクライアントをサポートしていきます。

受けたらどうなるの?(ライフコーチングの効果)

ライフコーチングの効果についてですが、

  • 問題が解決した、問題が問題でなくなった
  • パートナーができた
  • 結婚できた、出産できた
  • 年収アップの転職ができた
  • 念願だった仕事につけた
  • 長年の夢が叶った
  • お金が稼げるようになった
  • 人間関係が良好になった などなど・・・

人によって様々ですが、問題が解決したり、目標が達成できたりします。

ですが、それらはライフコーチングで得られるほんのオマケなのです。

ライフコーチングの本当の効果は、「あなた自身の成長」です。(先ほど書いたライフコーチングの目的でもあります。)

あなた自身が結果を受け取るにふさわしい人間に成長するからこそ、結果が自然とついてくるものなのです。

現実が先でなく、あなたにふさわしい現実がついてくるのです。

ライフコーチングで手に入るもの

メイン:あなたという「人」の成長

サブ:欲しかった現実の変化(お金、パートナーシップ、目標達成、問題解決など)

コーチングで結果が出る理由

なぜ、コーチングではこういった結果が出るのでしょうか?

理由は様々ですが、「自分の答えが明確になっていくこと」だと私は思っています。

人は、一日60,000回思考し、そのほとんどが昨日と同じ繰り返しだとする説もあります。

コーチングでは、コーチの質問やフィードバックによって思考が整理されたり、視点が増えたり、自分のことを客観的に見ることができたりします。

自分自身を知ることは、自分の答えが明確に出せる状態です。

コーチをつけた場合とつけなかった場合のイメージとして下記の図が参考になるでしょう。

コーチ石原
コーチ石原
私自身コーチングに出会う前より、思考が明確になり決断のスピートがかなり上がりました。

また、どうしよう、どうしようと結論が出ないことに悩んだり、くよくよしたりすることはなくなりました。 

キョロ
キョロ
そう言えば、とある場所で悩みを聞かれて「悩みはない」ですって言ったら、初対面のおじさんからすごい勢いで悩みのない人間は、心無い最低の人間だとか言われていたよね笑
コーチ石原
コーチ石原
ええ笑

だって毎日が楽しいし、考えることや落ち込むことがあっても悩むことは本当にないんだもん笑

またコーチングでは、自分の考えを頭の中から出して、言語化していくことによって気づきが起きるという作用もあります。(オートクライン→詳しくはこちら)

ライフコーチングって何をするの?(ライフコーチングの実際)

では、ライフコーチングでは実際にどんなことをするのでしょうか?

簡単にいうと、クライアント(コーチングを受ける人)のビジョンに向けて、コーチとクライアントがコーチングセッションといわれる対話、会話を行います。

セッションの具体的な方法や時間などについては、下記をご覧ください。

コーチングを受けたい人必見!コーチングを1年半受けてみたけど…具体的な感想を正直に綴る。「 こんなお悩みをお持ちの方の悩みを解決できる記事です。 なぜなら、私自身2018年現在、コーチを付け始めて1年半。...

コーチとクライアントが行うことは、コーチングセッションだけではありません。

メールでのやりとりをして報告を受けたり、クライアントが気づきのシェアをしてくれてそれに対する質問を投げかけたりすることもあります。

なぜなら最初にお伝えしたようにコーチングとは、コーチとクライアントの「関係性」そのものだからです。

セッションの時間だけでなく、セッションとセッションの間もコーチング(コーチとクライアントの関係)は続きます。

なので、セッション以外の時間にもコーチングは効果を発揮します。

コーチが応援してくれているという安心感だけで挑戦する気持ちになったり、ものごとが続けられるということも起きたりします。

どんなテーマで話すの?

どんなテーマでもコーチングの立派なテーマになります。

詳しくはこちらにまとめています⬇︎

コーチングのテーマ。どんな話題、題材で話す? と考えている方の疑問にお答えする記事です。 この記事では、実際にクライアントから出たことのあるコーチングのテーマを...

ビジネスコーチングとライフコーチングの違いって?

ジネスコーチングとライフコーチングの違いはなんでしょうか?

と聞かれることがよくあります。

私は、どのフィールドで「コーチング」という関係性を活用するか?だと思っています。

例えば、会社の業績の改善のためにコーチングを取り入れるという場合はビジネスコーチングと呼ばれると思います。(正確にはコーチング型のマネジメントの場合もある)

また、個人の人生を対象とした場合はライフコーチングと呼ばれることが多いです。

もっと分野を絞って、子育てコーチングとか、恋愛コーチングとか呼ばれることもあるでしょう。

私個人の考えは、コーチングで対象となるのは「人、そして人生」なので、大きく考えるとすべて「ライフ」というフィールドにあると思うのです。

なので上記にあげたような図が私の頭の中にはあります。

ライフコーチングもビジネスコーチングも「コーチング」という点では同じ。

コーチングを、どのフィールドで活用するかで呼び名が違う。

ライフコーチングは、その人の人生を扱うのでどの分野も含むイメージ。

キョロ
キョロ
じゃあ、仕事に悩んでたら、ライフコーチとビジネスコーチってどっちを選んだらいいの?という疑問も出そうだね
コーチ石原
コーチ石原
そうなんです。

その場合は、お願いするコーチのコーチングに対する考え方を知ると良いと思います。コーチの選び方についてはこちらの記事に書いたのでよかったら参考にしてください。 

ライフコーチングとビジネスコーチングの歴史

日本におけるコーチング

日本におけるコーチングの黎明期には、「人生をどう設計するか」 というテーマを扱う個人向けのコーチングへの関心が高く、コーチとして独立を目指す人が多数トレーニングを受けていましたが、やがて、マネジメントスキルとしてのコーチングに焦点があたるようになっていきます。

引用元:https://coach.co.jp/whatscoaching/history.html

日本にコーチングが入ってきた時、上記にあるように個人の人生を扱うライフコーチングへの関心が高かったそうです。

現在日本では、ビジネスの分野においてマネジメントとして、コーチングに出会う人が多いです。

私自身もコーチングという言葉には、看護師時代にマネジメントの方法として出会っています。

コーチ石原
コーチ石原
これから、もっとライフコーチも知っていただけるように活動していかねば。

最後に

ライフコーチングって何?という疑問は解消しましたか?

今後、ライフコーチングや自分と向き合うコツなどについて動画やメールで情報を配信していく予定です。

よろしければ、メールレターやチャンネル登録もよろしくお願いします。

ABOUT ME
石原 瑶子
”自分迷子”の方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、”自分の答え”を大切にし、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、結婚、出産、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。