自分史~幼少期から保育園時代~

産まれたときの記憶

1990年9月9日。長崎県佐世保市に生まれる。
予定日は9月10日の両親の結婚記念日だったが、1日早く生まれたそうだ。
昔から、さっさと行動したらしい(笑)

不思議なことに、この世に生まれて最初の記憶は、生まれた産婦人科の窓から見える景色。田舎道に踏切があって、舗装があまい道路のわきにあった産婦人科。

産まれたての記憶があるなんて信じられなくて、「生まれたとき以外にその病院に行ったことがある?」と母に尋ねたことがある。

「それはない」と母が言っていたので、これがおそらく思い出せる私の最初の記憶だ。

外側の評価で価値を図る

保育園では、だれよりも足が速く、テストの点も良かった。

幼少期から近所のおばちゃんや保育園の先生、塾の先生から「しっかりした子だね」「頭のいい子だね」「なんでもできる子だね」と言われていた記憶がある。

母の希望で、保育園は地元のみんなが通う保育園ではなく、私立で学習に力を入れているところに通う。家の前に保育園バスがお迎えに来る。同じ地元から通う子はたった2人だった。

保育園が終わったら、「七田チャイルドアカデミー」という幼児教育の塾と、ピアノ教室、そろばん、水泳に通っていた。

アカデミーでは、英語を勉強したり、記憶力や第六感のトレーニングをしたりする。アカデミーには、帰国子女で英語ペラペラの子ばかりだった。

他人と比べて「できない自分」が悔しかった。だけど、レベルが違いすぎて努力しようという気にもなれず…。

塾に行けば、劣等感しかない。塾に行く前には、大泣きしていた記憶がある。

ただ、母がお金をやりくりして、アカデミーの費用を捻出してくれていたことは感じていたので、かろうじて参加はしていた。

そんな私に母は、「ようちゃんは特別だからなんでもできる」と言っていたのを覚えている。母は純粋にそう思っていたと思うが…。

私にはその言葉が辛かった。

母の期待する自分になれないことが苦しかったし、そんな自分を認めたくなかった。

今振り返ると、このときから既に、他人のものさし(他人の評価)で自分を測り、生きていた。

劣等感ー優越感の狭間

この時期のことを言葉で表すとするなら、「劣等感ー優越感の狭間」

アカデミーでは、「できない自分」。

だけど保育園では、「できる子」と評価される。「できる子」でいると、許されることや、甘やかしてもらえることが多かった。

学習ドリルで全員が間違えたときも、「ようこちゃんが間違えるなんて」と先生に言われて、特別に許される経験をする。

この経験からも、自分の気持ちよりも「他人の評価が大切」という思いが強化されていったように思う。

他人の評価を常に伺う。人の顔色ばかり気にしていた。

また、そうやって生きていけば「人生は勝ち組」とさえ思うようになった。

だから、保育園の中で「できる子」でいることは私にとって、重要。

「いい子」で「できる子」でいられるように日々振る舞った。いつも他人の正解から離れてしまわないかびくびくしていたな。今思うと他人の正解が自分の正解になり、自分で正解を決められないから、いつも自信がなかった。

そもそも、この世には一人一人の正解がある。それは他人にはわからない。その他人の正解を全て網羅しようなんて、超能力者でない限り、到底無理な話である(笑)今だから言えることだけど。

保育園時代から自分の正解を置き去りにしてきたものだから、大人になってコーチングに出会うまで、本当に自分の正解(自分のものさし、大切にしたい基準のようなもの)がわからなかった。

自分が良いと思うこと、自分が好きだと思うこと、自分がどうしたいのか。しまいには、自分の感情も忘れてしまっていた。

本当の自分を取り戻すのに20年以上(笑)

友達や兄弟

その当時の私にとって、友達や兄弟は遊び相手であるとともに、大人からいい評価を得るための存在でもあった。

大人を自分の上に置き、友達や兄弟は私の下の存在。マウンティングだ。

だから、友人でちょっと輪の外にいる子がいると、寄って行って「○○ちゃんと仲良くしてあげている優しい私」として使っていた部分もあったことを今、正直に認める。

自分で言うのもなんだが、心の性根は本当に優しいと思う(笑)だけど、戦略性が働いて、いい評価を得るために人と付き合っていたと思う。

それくらい計算ばかりして、他人の評価を得て自分の価値を確かめた。そうやって自分の価値を確認しながら生きていた。

また、私には2つ年下の妹がいるのだが、みんなが「かわいい」と口をそろえて言う容姿の持ち主。私が下に見られるような気がして、妹にはいつも嫉妬していたことを覚えている。

NEXT▼小学生になる
ずっと続く、不安な毎日