コーチングのテーマ。どんな話題、題材で話す?

こんにちは!
「自分のことがわからない」あなたを応援する。
”本当の自分”を取り戻したい方専属 ライフコーチ石原瑶子です。

この記事は、コーチング(ライフコーチング)を受けてみたいけど、どんなことをテーマ(題材)として話すのか?コーチングを受けているけれど、テーマが考え付かないという疑問にお答えしていきます。

どんなテーマや題材で話すの?テーマ設定の仕方

コーチングを初めて受けるクライアントとのやり取りで、

  • 「どんなことをテーマに設定したらいいの?」
  • 「こんなことがテーマでいいの?」

と質問されることは少なくありません。

私自身もクライアントとして、同じ疑問を過去に持ちました。

今私がクライアントにお伝えすることは、「正直どんなテーマでもかまいません」ということ。

コーチングセッションのテーマが思いつかない→自分の人生にとって重要なことがわからないというのも立派なテーマになります。「自分の人生にとって重要なこと、今テーマとすべきこと」を見つけることもをセッションテーマにしてもよいのです。

大丈夫!テーマが分からない、テーマが思いつかないからコーチングは向いていないのではありませんよ。

自分が今すべきこと、考えるべきことがわからないからこそ、自分の人生に向き合うコーチングという時間があなたには必要なのです。

では、参考程度にコーチングのテーマの具体例を書きますね。

テーマの具体例

以下にざっとあげますが、クライアントとのセッションで出てきたことのあるテーマです。

  • <どのクライアントにも共通すること>
    ・自分を好きになって、毎日「幸せ」に過ごしたい
    ・自分らしい人生を歩みたいが、方法がわからない
    ・不安で自信がないけど、一歩踏み出したい
    ・”本当の私はこんなもんじゃない。本当の自分を取り戻したい”と思う!!!
    ・他人目線、常識に縛られて活きるのはもう辞めたい
  • <仕事について>
    ・自分のやりたいことがわからず将来が不安
    ・モチベーションを保てるようになりたい
    ・これといった目標がなく、日々の仕事が楽しめない
    ・事業に集中できるよう、プライベートの問題を整理したい
    ・将来、自分の好きな仕事で独立したい
    ・頭の中を整理する為、ペースメーカーとしてコーチをつけたい
    ・安心して愚痴を吐きつつ、未来に向けて解決策を考え、進みたい
  • <人生・時間について>
    ・不安や不安に包まれた毎日をなんとか抜け出したい
    ・自分の気持ちと向き合う時間を定期的に持ちたい
    ・「変わりたいけど、変われない」「幸せになりたい」そんな口癖を変えたい
    ・色々なことで悩んでいるので、ひとつずつ気持ちを整理していきたい
    ・自由に生きられるようになりたい
  • <恋愛・パートナーシップについて>
    ・自分のままで、恋愛、結婚などができるように向き合いたい
    ・自分らしくいられる恋愛がしたい
    ・ありのままで愛されるような私になりたい
  • <人間関係について>
    ・他人の目線が気になり、自分らしくいられない
    ・大好きな人たちに囲まれて生きていきたい
    ・コミュニケーションがうまくなりたい
    ・職場の人間関係で悩まないようになりたい
  • <自分のこと>
    ・自分が本当にやりたいこと、好きなことを見つけたい
    ・自分を責めずに認めてあげたい、好きになりたい
    ・自己基盤を整えたい
    ・自分の思い描いた未来を形にしたい
    ・何かに依存している自分を変えたい

コーチングのテーマが思いつかないときどうする?

ぶっちゃけ、私今でもセッションテーマが思いつきません!!!

私自身、今でもクライアントとして、コーチングセッションを月2回受けています。(コーチこそ、コーチングの力を生かしていかないと人にコーチングの良さをお伝えすることはできませんので)

その中で、セッションまでにコーチングのテーマが思いつかないこともあります。

その場合は、「今の自分の現状を言葉にし、自分が向き合うべきことを見つける」とするか、「とりあえず頭の中にあることを言葉にして整理する」というテーマで話を始めます。

そもそも、私の場合、テーマが思いつかないときは、いつもよりも自分と向き合っていないときなんですね。時間に追われていたり、やるべきタスクが山積みで、時間が取れていないときなんかは、テーマが全然思いつきません。

ですが、そんな自分に気づけるだけでも収穫。テーマが思い浮かばないという事実も、今の自分を客観的にみる材料になるのです。

自分が向き合うべきことが明確になっていない状態なのか?向き合うべきテーマはあるけれど、今はそのテーマを無意識に避けているのではないか?などの問いも生まれてきます。

そして、結局セッションの時間が来ても、テーマが思いつかないときは、最初に述べたその場合は、「今の自分の現状を言葉にし、自分が向き合うべきことを見つける」とするか、「とりあえず頭の中にあることを言葉にして整理する」というテーマで話を始めます。

そうすると、コーチに話すことで、自然と自分にとって向き合うべきことが整理でき、分かってきます。

そうそう、コーチに一緒に考えてほしいと依頼するときもありますよ。ですので、テーマがないからと言って心配する必要は全くないんですね。

最後に

もしあなたが、コーチングに興味はあるけれど、コーチングのテーマが思いつかないからコーチを付けるのを躊躇しているとか。こんなに小さな悩みがテーマになりうるのかとか。

そんな想いをお持ちなのでしたら、ぜひ一度コーチングを体感してみてください。今テーマが思いつかなくても大丈夫、一緒に探しましょう。

コーチの私が鏡になり、あなたを映し出すことで必ず、あなたが向き合うべきテーマが明確になりますよ。まずは、無料のオリエンテーションから、試してみてください。

【関連記事】➤石原とのコーチングを始めたいと一瞬でも思ったら読む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

”本当の自分”を取り戻したい方専属ライフコーチ 元ICU看護師。挫折を経験し、悩んでいるとき、ライフコーチングに出会ったことをきっかけに、コーチの道を歩む。現在は、自分の心の声に従い、納得した人生を生きることを提案。クライアントは、婚約、パーティー主催、マンガ連載など、ビジョンを次々に実現中。