自分史~大学時代~

1週間に一度の授業

編入生は7人だった。すぐにみんな仲良くなった。3年次編入だったが、3年前期の授業はなんと1週間で1コマだった。専門学校のカリキュラムがよかったらしくて、ほとんどの単位が認められたのだ。他の子たちは、1週間に10コマ以上あった。

私は、とにかく毎日暇だった。あれ?キャンパスライフをエンジョイしようと思ったのにな~。

大学時代のバイト

暇だったので始めたのは、看護師のバイト。あともう一つ。友人の誘いでホステスのバイトを始めた。看護師のバイトでは、早出を任されるようになりとにかく必死に働いた。

ホステスのバイトは、友人といつも一緒だった。働く中で、思ったことは水商売をしている女性をバカにしている男性が多いこと。私も外側の価値を大切にしていたので、最初は水商売なんて恥ずかしいと思っていた。

だけど友人のごり押しで始めることにして、そこで生きている女性たちのたくましさと、しなやかさはすごいと思った。

世間一般では、社会的地位も低く、何もできない人がする仕事なんていう評価もある。たしかに、たまに世間一般でいわれるようなイメージのホステスさんもいた。心が病んでいる女性も一定数はいたと思う。だけど、幸せそうな女性も多くいたし、この人みたいになりたいなと思った人もいた。

そのときに、あれ?外側の他人からの評価って、その人との幸せとは関係ないのかも?と少しだけ思った。このあたりから自分の内側に意識が向き始めたのかも…。

卒業と就職

そんな感じの大学生活。人よりも勉強はしなかったけど、なんとか必要な単位は修得した。就職活動も同時にしていて、順天堂大学病院への就職が決まっていた。(これも人からどう思われるかを大事に、とりあえず大きくて有名な病院にしました笑)

が、直前で大分大学病院の試験を受け、そっちにいくことにした。

理由は、彼がいて離れたくなかったのと、父が心筋梗塞で倒れたことで九州にいた方がいいという判断だった。

保健師の国家試験も合格して、いよいよ就職になった。

▼次はいよいよ暗黒の看護師時代