クライアントさんについて

Kさん

神奈川県
会社員
30歳

セッションを受ける前はどんな状況でしたか?

私は、ライフコーチになりたいと思っている一方で、後でわかるのですが、心の中で自分を否定して見下げていました。
コロナ下もあり転職が決まらず、無職状態が長引き、元彼氏への想いもまだ引きずっていました。

セッションを受けてからどんな変化がありましたか?

自嘲する笑いが多いと指摘を受け、自分を見下げていることに気づきました。
また、他にもたくさんの学びを得ました。

人生で何度も親しい人が離れていく体験を通して、自分には価値がないというトラウマを形成していると思っていました。
でもそれはトラウマではなく、過去起こったことに対する意味づけがネガティブだったこと。

そして、出逢って仲良くなったことには意味があり、そこから学んだり、楽しい時間を過ごしたことはなくならないこと。

ある人にとって価値があると思ったり、価値がないと思うこと=別の人にとっては違うこと。

例えるなら、果物屋でミカンを選ぶ人、メロンを選ぶ人、その他の果物を選ぶ人がいる。
ある人に選ばれなかった・不要になったからといって、その果物に価値がないとはならないこと。

自分は万人にウケるミカンのフリをしたメロンというレアな存在で、嫌われたくない、平和に生きたいからといって自分を押し殺してミカンのフリをしていること。

それも間違いではないけれど、メロンのよさをわかってくれる人もいるのだから、自然体の自分でいてもいいんだと言うこと。

またミスをした。だから自分はダメなんだと自分を責めるのではなく、「ミスをした自分がいる」とフラットに受け止めることもできるようにもなりました。

そして、石原さんの初めてのセッションから2ヶ月ほどで無事就職が決まり、同じ頃出逢った人と、約半年後にお付き合いすることに!

素をさらけ出すのが苦手な彼氏さんも、私と一緒だとなんでも話せる、自然体でいられると言って貰えたのは、本当の自分、メロンな自分を否定も見下げもせず、そのままでOK!を出せるようになったことが関係していると思います。

セッションを生で体感し、やっぱりライフコーチってすごい仕事だ、と感じました。

最初に立てた未来のビジョンも、かなり大胆で大袈裟に、やや無理めな夢を描いたつもりが、いくつか叶っていることにもびっくりです笑

ライフコーチになるまでの道のりに不安も沢山ありますが、ここからだ!と思っています。

ライフコーチとしての未来の自分をイメージしたアイコン(イラスト)も描きました。

Kさんのイラストです。

自分でもどこかに載せようと思っていますが、よかったらシェアして頂けたら嬉しいです!

セッションを受けていなかったらどうなっていたと思いますか?

親しい人との別れに対するトラウマ(と思っているもの)から抜け出せなかったかもしれません。そしてまた同じことを繰り返し続けていたかも……。

あの頃、自分への自信もなくしていたので、就職や彼氏の事も、こんなにスムーズにいっていなかったかもしれません。

どんな人にオススメしたいですか?

一言で言うと、未来志向かつしっかりしたサポートが欲しい人だと思います。
よりよい人生を歩みたいけれど、大小様々な問題に足をからめとられ、自力ではなかなか難しいのかな、と思っている人など。

真面目な話、万単位のセッション代は毎月かかってくるので、真剣に未来にコミットしたい人となりますが、1年も経たずこれだけの学びと変化が得られたのは本当にすごいことだと思うので、オススメしたいです!


石原さんが初のコーチでよかったです。
本当に貴重な時間を過ごさせて頂きました。
この場を借りて……ありがとうございます!!